家庭菜園好きが教えるプランターを使った家庭菜園の始め方

生活の悩みを解決!節約術

賢いお金の使い方・貯め方

家庭菜園の悩みを解決

家庭菜園の悩みのカテゴリーページです。

ここでは、

の悩みの解決方法を紹介しています。

家庭菜園の道具・土・肥料の悩み

プランター菜園の道具の基本

野菜のプランター栽培で使う道具

野菜栽培の道具の基礎知識

プランター栽培で使う基本の道具は、プランター、移植ごて、ジョウロの3点です。育てる野菜に応じたプランターの準備をしっかり行えれば大きな野菜を収穫することができます。野菜のプランター栽培で使う道具の役割と種類について説明します。


プランター菜園の土の基本

花と野菜の培養土(自然応用科学)

野菜栽培の土の基礎知識

野菜をプランターで栽培する時に使う土は、水はけ、保水性、通気性、肥料持ちのバランスが良い土を選んでください。良い土の入手方法は、自分でいろいろな特徴を持った用土を適切に配合して作る方法と市販の培養土を購入する方法があります。


家庭菜園で使う土

野菜栽培に適した土のpHの基礎知識

野菜をプランターで栽培する時に使う土は、良い土を選ぶ他に土のpHを適性値となるように調整することが大切です。土のpH(酸度)を苦土石灰を混ぜ合わせて適切に調整すると野菜の生育が良くなり野菜の収穫が終わるまで失敗なく育てられます。


土のリサイクル材

野菜を1度育てた培養土(使い古した土)の再生方法

野菜を1回育てた培養土を次に育てる野菜にそのまま使うと野菜の生長が前回よりも悪いと感じたことはありますよね。また、野菜を1回育てるごとに使い古した培養土を捨てていた方も多いと思いますが、古土は再生作業を施せば再利用が可能です。


プランター菜園の肥料の基本

肥料の3要素

肥料の3要素と元肥・追肥の基礎知識

野菜の苗を植え付けたのに全く収穫できなかったら悲しいですよね。野菜は与えた肥料の多い少ないで生長具合が異なり収穫量に大きく影響してきます。家庭菜園を始める時に必ず覚えなければいけない肥料の用語は、肥料の3要素、元肥、追肥です。


ベジフル液肥(液体肥料)

野菜栽培で使う肥料の種類と特徴

美味しい野菜を育てたいと思ったら肥料の知識を身に着けてください。肥料には、有機質肥料と化学肥料の2種類があり、家庭菜園で使う肥料の商品は、有機質肥料、化成肥料、液体肥料の3タイプです。それぞれの肥料で肥料効果の特徴は異なります。


自然応用科学のおいしい野菜の肥料(有機質肥料)

野菜栽培で使う有機質肥料の基礎知識

有機質肥料とは有機物を原料として作った肥料のことです。有機質肥料には、鶏ふん、牛ふん、骨粉、魚かす、ボカシ肥のように動物から作ったものと、油かすのように植物から作ったものがあり、それぞれの肥料に含まれる肥料成分は異なります。


化成肥料

野菜栽培で使う化学肥料の基礎知識

化学肥料とは、空気中の窒素、リン・カリ鉱石を原料として化学的に製造された肥料のことをいいます。化学肥料の種類は単肥(尿素、硫安、ようりん、過石、硫酸カリ)と複合肥料(化成肥料、配合肥料)があり、肥料成分はそれぞれ異なります。


家庭菜園の野菜生育の悩み

プランター菜園の野菜作りの基本

野菜の苗

野菜の苗の選び方!良い苗と種を選べば失敗なく育つ

野菜栽培は苗半作です。少しでも状態がよい苗が入手できれば野菜の収穫が終わるまですくすくと生長していきます。その一方で悪い苗を入手すると後々まで生長の悪さが影響して途中で枯れることがあるので、できるだけ優良苗を選びましょう。


トウモロコシの種

野菜の種の選び方!良い苗と種を選べば失敗なく育つ

野菜はホームセンターで購入した苗からではなく種からでも育てられます。1つの野菜にしても種にはいろいろな種類がありますよね。種を選ぶ時は、品種と早晩性の意味を理解して、少しでも状態が良い種を選ぶ時のポイントを身に着けてください。


ビニールポットで育苗

野菜の種の撒き方と育て方!種の発芽は水・温度・酸素が必要

野菜を種から育てる時は直播栽培と移植栽培の2種類があり、春撒きする時は気温が低いので温度管理しやすい移植栽培が適しています。種が発芽するには、水、温度、酸素が必要になり、発芽後の育苗は、水、温度、光、養分が必要になります。


野菜の収穫

野菜を育てる作業手順と作業内容は野菜によって違う

野菜は種撒きや苗を植え付けてから収穫するまでに、水やり、追肥、間引き、支柱立て、わき芽かき、摘芯などこまごまとした作業がいくつもあります。野菜の実を大きくしたり収穫量を増やすには、日頃の作業が重要なので忘れずに行いましょう。


野菜の連作障害

野菜の連作障害の基礎知識!輪作すれば失敗なく育つ

多くの野菜は毎年同じ土を使い回して同じ科の野菜を育てていると、野菜の生長が悪くなり収穫量が減る連作障害という現象が現れるようになります。連作障害を防ぐ方法は、輪作して違う野菜を育てる、接ぎ木苗を使って育てるなどが効果的です。


トマトのマンガン不足の葉

野菜の葉の色で肥料の過不足と草勢の強弱のチェック方法

野菜を健全な状態で育てるのは難しいですよね。野菜を失敗なく育てるには野菜の葉の色を見てください。野菜生育中に野菜に与えた肥料が多いのか少ないのか、草勢が強いのか弱いのかがわかります。野菜を育てる時の目安にすると役に立ちます。


大玉トマト

野菜の栽培カレンダー!育てる季節は野菜によって変わる

プランターを使った家庭菜園でも育てられる野菜はたくさんありますが、それぞれの野菜で育て始める季節が異なります。家庭菜園を始める前に、野菜栽培に適した季節、土の適正酸度(pH)、連作障害のありなし、用意するものを覚えましょう。


家庭菜園の病害虫・殺虫剤・殺菌剤の悩み

プランター菜園の病害虫の基本

野菜の害虫被害

野菜の害虫対策!害虫に枯らされる前の対処方法

野菜は虫に葉・茎・実・根を食べられたり汁を吸われたりして生長が阻害されます。害虫に食害されている割合が多いと収穫する前に苗が枯れてしまうことがあるので野菜の異変に気がついたら早めに薬剤の散布などをして害虫対策を施しましょう。


カビ・ウイルス・細菌

野菜の病害対策!病気に枯らされる前の対処方法

野菜は、カビ・ウイルス・細菌に侵させて生長が阻害されることがあります。病気に侵されている部位の割合が多いと収穫する前に苗が枯れてしまうことがあるので、野菜の異変に気がついたら早めに薬剤の散布などをして病害対策を施しましょう。


プランター菜園の殺虫剤・殺菌剤の基本

野菜に散布する農薬

病害虫は薬剤で解決できる!殺虫剤・殺菌剤の選び方と使い方

家庭菜園で野菜を育てていると害虫による食害や病気による病害が付きまとうものです。野菜が害虫により被害を受けたら殺虫剤を、病気により被害を受けたら殺菌剤を散布して対処してください。殺虫剤と殺菌剤の選び方と使い方を覚えましょう。


野菜に農薬を散布する

家庭菜園で使うおすすめの殺虫剤と殺菌剤の紹介

野菜が病害虫の被害に遭った時に使う殺虫剤・殺菌剤の種類には、主に、化学合成して作った薬剤と天然由来成分で作った薬剤の2種類があります。効き目を重視する方は化学合成、環境を重視する方は天然由来成分で作った薬剤を選びましょう。



プランター菜園の実もの野菜の育て方の悩み

ミニトマトの育て方

ミニトマトの栽培日程表

プランター菜園のミニトマト栽培に必要な季節・道具・費用

ミニトマトをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、苗などの各資材を用意してください。ミニトマト栽培に適した季節は5~8月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要となる費用の総額は約1800円です。


ミニトマト(キラーズ)の実

ミニトマトの育て方(栽培期間5月~8月まで)

家庭菜園で人気があるミニトマトの育て方をプランターを使って紹介しています。育て方のコツさえつかめば野菜作りが初めての方でも1本の苗から100粒程の成熟した甘いミニトマト実の収穫ができ、誰でも簡単に野菜作りを楽しむことができます。


中玉トマトの育て方

中玉トマトの栽培日程表

プランター菜園の中玉トマト栽培に必要な季節・道具・費用

中玉トマトをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、苗などの各資材を用意してください。中玉トマト栽培に適した季節は5~8月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要となる費用の総額は約2150円です。


中玉トマト(フルティカ)の成熟した実

中玉トマトの育て方(栽培期間5月~8月まで)

ミニトマトと同じように家庭菜園で人気がある中玉トマトの育て方をプランターを使って紹介しています。育て方の難易度はとても簡単です。肥料と水やりを適度にしていたら、1本の苗から50粒程度の成熟した中玉トマトの果実の収穫が楽しめます。


大玉トマトの育て方

大玉トマトの栽培日程表

プランター菜園の大玉トマト栽培に必要な季節・道具・費用

大玉トマトをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、苗などの各資材を用意してください。大玉トマト栽培に適した季節は5~8月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要となる費用の総額は約2150円です。


大玉トマト(ホーム桃太郎)の成熟した実

大玉トマトの育て方(栽培期間5月~8月まで)

家庭菜園で人気がある大玉トマトの育て方をプランターを使って紹介しています。育て方のコツさえつかめば野菜作りが初めての方でも1本の苗から15粒程度の成熟した大玉トマトの果実の収穫ができ、誰でも簡単に野菜作りを楽しむことができます。


キュウリの育て方

キュウリの栽培日程表

プランター菜園のキュウリ栽培に必要な季節・道具・費用

キュウリをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、苗などの各資材を用意してください。キュウリ栽培に適した季節は5~8月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要な費用の総額は2150円くらい掛かります。


キュウリの実

キュウリの育て方(栽培期間5月~8月まで)

キュウリの実は95%は水分でできているので栄養価が少ない野菜ですが、高血圧予防や水分補給としての効果があります。キュウリは育てるのに少しクセがありますが、水やりと追肥が上手にできたら、瑞々しく美味しいキュウリの収穫ができます。


ピーマンの育て方

ピーマンの栽培日程表

プランター菜園のピーマン栽培に必要な季節・道具・費用

ピーマンをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、苗などの各資材を用意してください。ピーマン栽培に適した季節は5~9月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要な費用の総額は1700円くらい掛かります。


ピーマン(京みどり)の実

ピーマンの育て方(栽培期間5月~9月まで)

ピーマンは栄養価がとても高い野菜で家庭菜園が初心者の方でも簡単に育てることができます。また、上手に水やりと追肥ができれば多収穫も可能な野菜なので、今年の春からはプランターを使っていろいろな野菜作りにチャレンジしてみませんか。


パプリカの育て方

パプリカの栽培日程表

プランター菜園のパプリカ栽培に必要な季節・道具・費用

パプリカをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、苗などの各資材を用意してください。パプリカ栽培に適した季節は5~9月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要な費用の総額は2150円くらい掛かります。


パプリカの実

パプリカの育て方(栽培期間5月~9月まで)

パプリカは栄養豊富な野菜なので緑黄色野菜に分類されています。パプリカの育て方は果実が着くまではピーマンと同じで、果実が着いてからは、黄色、赤色、オレンジ色にしっかり熟してから収穫するので果実は甘みがあり全く辛くありません。


甘トウガラシの育て方

甘トウガラシの栽培日程表

プランター菜園の甘トウガラシ栽培に必要な季節・道具・費用

甘トウガラシをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、苗などの各資材を用意してください。甘トウガラシ栽培に適した季節は5~9月で、プランター菜園が初めての方が資材を準備する時に必要な費用の総額は約1650円くらいです。


甘トウガラシ(万願寺)の実

甘トウガラシの育て方(栽培期間5月~9月まで)

甘トウガラシはトウガラシという名前が付いていますが全く辛くなく、ピーマンと同様に栄養価が高い野菜で人気があります。初めて家庭菜園にチャレンジする方でもプランターを使えば簡単に育てられるので春から野菜作りを始めてみませんか。


トウモロコシの育て方

トウモロコシの栽培日程表

プランター菜園のトウモロコシ栽培に必要な季節・道具・費用

トウモロコシをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種などの各資材を用意してください。トウモロコシ栽培に適した季節は5~8月で、プランター菜園が初めての方が資材を準備する時に必要な費用の総額は約2100円くらいです。


トウモロコシの実

トウモロコシの育て方(栽培期間5月~8月まで)

トウモロコシは収穫したての鮮度抜群なゆでたてがとても美味しく人気がある野菜です。実を収穫するには人工授粉という作業が必要ですが、初めて家庭菜園にチャレンジする方でもプランターを使えば育てられるので野菜作りを始めてみませんか。


プランター菜園のマメ類の育て方の悩み

つるなしインゲンの育て方

つるなしインゲンの栽培日程表

つるなしインゲン栽培に必要な季節・道具・費用

つるなしインゲンをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種などの各資材を用意してください。つるなしインゲン栽培に適した季節は5~8月で、プランター菜園が初めての方が資材を準備する時に必要な費用の総額は約1450円です。


つるなしインゲンのさや

つるなしインゲンの育て方(栽培期間5月~8月まで)

つるなしインゲン栽培は大きなプランターは必要なく種から簡単に育てられ収穫までの期間が短いお手軽野菜です。肥料は少なくてすみ支柱は不要なので、初めて家庭菜園に挑戦する方は日当たりがいい場所でプランターを使って育ててみましょう。


エダマメの育て方

エダマメの栽培日程表

プランター菜園のエダマメ栽培に必要な季節・道具・費用

エダマメをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種などの各資材を用意してください。エダマメ栽培に適した季節は5~8月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要な費用の総額は1450円くらい掛かります。


エダマメの実

エダマメの育て方(栽培期間5月~8月まで)

エダマメ栽培は大きなプランターは必要なく種から簡単に育てられ栄養価が多い野菜です。肥料も少なくてすみ支柱も要らないので初めて家庭菜園をする方におすすめです。日当たりがいい場所でプランター栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか。


プランター菜園の葉もの野菜の育て方の悩み

レタスの育て方

レタスの栽培日程表

プランター菜園のレタス栽培に必要な季節・道具・費用

レタスをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種などの各資材を用意してください。レタス栽培に適した季節は4~6月と9~11月で、プランター菜園が初めての方が資材を準備する時に必要となる費用の総額は1350円くらいです。


収穫適期のレタス

レタスの育て方(栽培期間4月~6月、9月~11月まで)

レタスは1年間で春と秋の2回育てられる野菜ですが、秋から育てた方が害虫被害が少ないので秋から育てることをおすすめします。レタス栽培は大きなプランターは必要なく種から育てられるので、実もの野菜の後に育ててみてはいかがでしょうか。


タマネギの育て方

タマネギの栽培日程表

プランター菜園のタマネギ栽培に必要な季節・道具・費用

タマネギをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種などの各資材を用意してください。タマネギ栽培に適した季節は9月~翌年6月で、プランター菜園が初めての方が資材を準備する時に必要となる費用の総額は1800円くらいです。


収穫したタマネギ

タマネギの育て方(栽培期間9月~翌年6月まで)

タマネギはプランターを使った家庭菜園でも簡単に育てられる野菜です。1年で春と秋の2回栽培時期があるので、種袋に書かれている撒き時を守ることが栽培成功の秘訣です。上手に育てられると大きい球で甘みがあるタマネギの収穫ができます。


プランター菜園の根もの野菜の育て方の悩み

ニンジンの育て方

ニンジンの栽培日程表

プランター菜園のニンジン栽培に必要な季節・道具・費用

ニンジンをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種などの各資材を用意してください。ニンジン栽培に適した季節は8~12月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要な費用の総額は1800円くらい掛かります。


掘り出して収穫したニンジン

ニンジンの育て方(栽培期間8月~12月まで)

ニンジンはプランターでも簡単に育てることができます。ニンジン栽培を成功させるには種袋に書いてある種撒き時期を守って育てることです。冬の寒さに当ててから収穫するとスーパーで売っているのよりも甘いニンジンを食べることができます。


ダイコンの育て方

ダイコンの栽培日程表

プランター菜園のダイコン栽培に必要な季節・道具・費用

ダイコンをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種などの各資材を用意してください。ダイコン栽培に適した季節は8~12月で、プランター菜園が初めての方が資材をすべて準備する時に必要な費用の総額は2000円くらい掛かります。


掘り出して収穫したダイコン

ダイコンの育て方(栽培期間8月~12月まで)

ダイコンは深底型のプランターを使えば簡単に育てることができます。ダイコン栽培の成功のコツは適度に肥料と水やりをしていれば大きなダイコンが収穫できます。収穫が遅れるとトウ立ちしたりスが入って味がまずくなるので注意してください。


プランター菜園のイモ類の育て方の悩み

ジャガイモの育て方

ジャガイモの栽培日程表

プランター菜園のジャガイモ栽培に必要な季節・道具・費用

ジャガイモをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種いもなどの各資材を用意してください。ジャガイモ栽培に適した季節は3~7月で、プランター菜園が初めての方が各資材を準備する時の費用の総額は約1900円くらい掛かります。


掘り出して収穫したジャガイモ

ジャガイモの育て方(栽培期間3月~7月まで)

ジャガイモは育てる場所を選ばず簡単に栽培ができるので家庭菜園では人気の野菜です。ジャガイモ栽培のポイントは、芽が出ている種いもを植え付けてしっかり芽かきを行うことです。芽かきをすれば大きいサイズのジャガイモの収穫ができます。


サツマイモの育て方

サツマイモの栽培日程表

プランター菜園のサツマイモ栽培に必要な季節・道具・費用

サツマイモをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、芋つるなどの各資材を用意してください。サツマイモ栽培に適した季節は5~11月で、プランター菜園が初めての方が資材を全て準備する時の費用の総額は2100円くらい掛かります。


掘り起こして収穫したサツマイモ

サツマイモの育て方(栽培期間5月~11月まで)

サツマイモは肥料を与えなくてもよく育つので初めて家庭菜園をする方におすすめの野菜です。育て方のコツは、葉っぱが枯れていないサツマイモの苗(芋つる)を購入し、そして、植え付けて根が生えるまでは水やりを行い乾燥させないことです。


サトイモの育て方

サトイモの栽培日程表

プランター菜園のサトイモ栽培に必要な季節・道具・費用

サトイモをプランターで育てる時は、プランター、培養土、肥料、種いもなどの各資材を用意してください。サトイモ栽培に適した季節は4~11月で、プランター菜園が初めての方が各資材をすべて準備する時の費用の総額は2600円くらい掛かります。


掘り出して収穫したサトイモ

サトイモの育て方(栽培期間4月~11月まで)

サトイモは種いもの芽出しができれば家庭菜園が初めての方でも育てやすい野菜です。上手に栽培する時のポイントは、日当たりが良い場所を選ぶこと、土を乾燥させないように毎日水やりを行うこと、肥料を適度に与えて草丈を高くすることです。


家庭菜園のスプラウトの育て方の悩み

貝割れ大根の育て方

水耕栽培で収穫した貝割れ大根

水耕栽培(水栽培)で貝割れ大根の育て方

貝割れ大根を水耕栽培(水栽培)で育てる時は、種、ザル、バケツ、箱を用意してください。貝割れ大根栽培に適した温度は15~25℃なので、キッチン周りで1年中簡単に育てられます。各資材を準備する時の費用の総額は400円くらい掛かります。


家庭菜園のキノコの育て方の悩み

シイタケの育て方

菌床から収穫したシイタケ

菌床ブロックを使ったシイタケの育て方

シイタケを菌床ブロックを使って育てる時は、シイタケ栽培キットと霧吹きを用意してください。シイタケ栽培に適した季節は春と秋(10~25℃)で、部屋の中でも簡単に育てられます。各資材を準備する時の費用の総額は1300円くらい掛かります。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加