野菜栽培で使う肥料は、有機質肥料、化成肥料、液体肥料があります

生活の悩みを解決!節約術

賢いお金の使い方・貯め方

野菜栽培で使う肥料の種類と特徴

  1. トップページ
  2. 家庭菜園の悩み
  3. 野菜栽培で使う肥料の種類と特徴!肥料がわかれば美味しい野菜が収穫できる
カテゴリー
家庭菜園の悩み
ジャンル
プランター菜園の肥料の基本
目的(解決できる悩み)
プランター栽培で使う肥料(有機質肥料、化成肥料、液体肥料)の区別ができるようになること
目次
1.野菜栽培で使う有機質肥料、化成肥料、液体肥料
有機質肥料の特徴
化成肥料の特徴
液体肥料の特徴

1.野菜栽培で使う有機質肥料、化成肥料、液体肥料

ベジフル液肥(液体肥料)

野菜の肥料を購入する為にホームセンターに行くと、いろいろなメーカーの様々な種類の肥料が棚に並んで販売されているので、どの肥料を購入すればいいのか悩んだことはありませんか?

野菜栽培で使う肥料を大きく分けると、

肥料の種類

  • 有機物を原料とした有機質肥料
  • 無機物を原料とした化学肥料(無機質肥料)

の2種類に分類できます。

そして、お店で販売されていて家庭菜園で使う主な肥料の商品としては、

家庭菜園で使う肥料の種類

  • 有機質肥料:油かす、骨粉などの有機物のこと
  • 化成肥料:肥料の3要素(窒素、リン酸、カリ)を含んだ粒状の化学肥料のこと
  • 液体肥料(液肥):液体タイプの化学肥料のこと

の3タイプがあります。

それぞれの肥料の特徴(肥料効果が現れる時期、持続性、肥やけの起こりやすさなど)の違いが理解できれば、野菜の生長に応じて使い分けたり、肥料不足になった時にすぐに対応できるようになり、枯らさずに失敗なく家庭菜園を楽しむことができるようになるので、有機質肥料、化成肥料、液体肥料の違いをぜひ覚えてみてください。

スポンサーリンク

有機質肥料の特徴

有機質肥料

有機質肥料とは、天然素材の有機物から作られた肥料のことです。

植物が原料の植物質の肥料と動物が原料の動物質の肥料の2種類があります。

形状は、ペレット状や粉状になっているものが多いです。

有機質肥料はそのままの形では植物に肥料効果は望めず、土の中の微生物に分解されることによって野菜の根が栄養分を吸収できるようになります。

つまり、油かすなどの有機質肥料は有機態窒素(ゆうきたいちっそ)なので微生物に分解されて無機質にならないと野菜の根から養分の吸収はできないということです。

肥料の効き具合で分けると遅効性肥料(ちこうせいひりょう)や緩効性肥料(かんこうせいひりょう)に分類されており、肥料効果が現れるのが遅いが長期間効き目が持続するという特徴を持っています。

有機質肥料を与えて野菜を育てているけど肥料の効き目があるのかないのかよくわからないと感じている方は多いと思います。野菜が枯れないのは肥料が効いているからであって、有機質肥料は時間をかけて肥料の効き目がゆっくりと現れる肥料であると認識してください。

また、有機質肥料を与えすぎても根が傷みにくいという特徴はありますが、肥料の効き目が遅いので扱いはとても難しいです。主に、元肥として使うのが適しています。

土の中の有機質が増えると有効微生物の働きが活発になります。美味しい野菜を収穫したい場合は有機質肥料を必ず使って育てるのがコツです。甘いトマト、苦くないキュウリなどが収穫できます。

化成肥料の特徴

化成肥料

化成肥料とは、空気中の窒素、リンやカリの鉱石などを利用して化学合成して、窒素、リン酸、カリをバランスよく配合した粒状タイプの化学肥料のことです。

肥料の効き具合で分けると緩効性肥料(かんこうせいひりょう)や速効性肥料(そっこうせいひりょう)に分類されており、肥料効果が現れるのが早く短い期間しか効き目が持続しないという特徴を持っています。
※施肥するとすぐに肥料の効き目が現れますが肥料効果は少しずつ効いて1カ月くらいしか持続しません。

多くの野菜は元肥だけでは養分が足りなくなるので化成肥料(コーティングされている肥料など)を追肥して不足した養分を補って育てることが普通です。化成肥料は元肥としても使うことはできますが、主に、追肥として使うのが適しています。

化成肥料は肥料の効き目がすぐ現れるので扱いやすいですが、無機質の肥料なので与えすぎると根を傷めるというデメリットがあるので気をつけてください。

化成肥料を施肥する時は、株元から離れた土の上にばら撒いたり、土に混ぜ合わせて使ってください。野菜に化成肥料を一度に大量与えるとつるボケや肥料やけを起こす原因になるので数回に分けて与えてください。水やりをした時に少しずつ溶けて根から養分が吸収されていきます。

なお、化成肥料には、普通化成肥料と高度化成肥料があります。高度化成肥料は過剰施肥すると濃度障害が起こりやすく枯れやすいので普通化成肥料を使った方が育てやすいです。

液体肥料の特徴

液体肥料の原液

液体肥料とは、液体の原液肥料を水で薄めて(実もの野菜や根もの野菜は500倍、葉もの野菜は1000倍)水やりの代わりとして使う液状タイプの化学肥料のことです。

肥料の効き具合で分けると速効性肥料(そっこうせいひりょう)に分類されており、有機質肥料や化成肥料よりも肥料の効き始めは早いですが、肥料の持続性に関してはとても短いという特徴を持っています。
※施肥するとすぐに肥料が効き始めますが、肥料の持続性は数週間しか持ちません。

したがって、主に、肥料切れの回復時などのようなすぐに肥料効果が欲しい時に使うのが適しています。

液体肥料は追肥として使うと上手に野菜を育てることができ、肥料切れの緊急時の為に1本持っておくと役に立ちます。

巷では、自然の原料で作った有機質肥料は健康に良い、人工的に作った化学肥料は良くないといわれていますよね。

しかし、実際には、有機質肥料のみで野菜を育てると肥料の効果が現れるのがとても遅いので扱いにくいことがわかります。自然のものなのか人工的なものなのかにはこだわらず、その場面ごとに有機質肥料と化学肥料(化成肥料、液体肥料)を適切に使い分けることが野菜を大きく美味しく育てるコツとなります。

おすすめ商品野菜栽培で使うおすすめの液体肥料

商品名:住友化学園芸 ベジフル液肥 480ml

住友化学園芸のベジフル液肥は、野菜と果樹専用の液体肥料です。N:P:K=6:6:7の3要素の成分の他に、ミネラル、ビタミン、アミノ酸も配合されています。

有機質が入っているので、有用微生物の活動が活性化されて土壌環境が改善して根の張りが良くなります。

使い方は、実もの野菜は原液を500倍、葉もの野菜は1000倍に水で薄めて水やりの代わりに1~2週間に1回の頻度で与えてください。

(記事作成日:2018年2月28日、最終更新日:2021‎年5‎月1‎日)

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

プランター菜園の肥料の基本の関連記事