プランターを使ったパプリカの育て方

生活の悩みを解決!節約術

賢いお金の使い方・貯め方

パプリカの育て方!プランターを使って家庭菜園を始めよう

  1. トップページ
  2. 家庭菜園の悩み
  3. パプリカの育て方!プランターを使って家庭菜園を始めよう
カテゴリー
家庭菜園の悩み
ジャンル
パプリカの育て方
目的(解決できる悩み)
プランターを使ってパプリカを育てて収穫できるようになること
目次
1.プランターを使ったパプリカの育て方
プランターと土の準備
苗の選び方
苗の植え付け
水やり
追肥
支柱立て・誘引
わき芽かき
収穫
パプリカ栽培中に起こる様々なトラブル

1.プランターを使ったパプリカの育て方

パプリカ栽培を成功させるには、徒長しておらず花が咲きそうな立派な苗を植え付けることです。

パプリカの育て方を覚えて、黄色、オレンジ色、赤色に変化したパプリカを収穫してみませんか。

パプリカの苗の選び方から収穫するまでの各作業工程の要点をわかりやすく解説しています。

プランターと土の準備

深底プランターと培養土

パプリカの苗を購入する前にプランターと培養土を準備します。

プランターとは土を入れる容器のことで、培養土とはいろいろな種類の用土と肥料が一緒に混ぜ合わされている野菜作りに適した土のことです。

パプリカを育てる時は、プランターは深底型の大きさのもの、培養土は水はけが良いものを選びます。プランターの底に鉢底ネット(スノコ)が付属してなければ鉢底石を敷き詰めてください。

培養土の種類には、花用と野菜用がありますので、野菜用を購入するようにしてください。また、特価になっている土でも野菜は育ちますので高い値段の土を買う必要はありません。

培養土を使えば初めから土に肥料が適量配合されていますので、袋を開けたらそのまま使うことができ大変便利です。

苗の選び方

パプリカの苗

パプリカのは、家の近くのホームセンターでも購入できますし、送料が掛かりますがインターネットのショップからでも注文して購入できます。

ホームセンターでパプリカの苗を選ぶ時はピーマンの苗と同じように、

パプリカの苗の選び方

  • 葉が枯れていないもの
  • 節間が狭いもの
  • 第1花がつぼみ、又は花が咲いているもの
  • 葉っぱが10枚以上ついているもの
  • アブラムシなどの害虫がついていないもの
  • カビなどが生えて病気にかかっていないもの

が良い苗ですので選ぶ時の参考にしてください。

パプリカの苗の種類は、実生苗(みしょうなえ)と接木苗(つぎきなえ)があります。

実生苗とは、種から育てて苗に細工をしていない普通の苗のことで値段は安いです。

接木苗とは、上の部分の穂木と下の部分の台木で構成され、穂木をパプリカ、台木をパプリカ以外の植物のものにして、土壌の病原菌による病気や害虫の被害を少なくして多収穫できる特徴があります。

接木苗の場合は値段は少し高いですが、台木はパプリカ以外のものを使うので土壌の病原菌の繁殖が抑えられるようになり、連作をしても大丈夫です。

苗の植え付け

パプリカの苗の植え付け

5月上旬になり比較的暖かくなってきましたら、第1花(一番初めに咲く花のこと)がつぼみになっているか花が咲いているパプリカの苗をプランターへ植え付けます。パプリカは収穫期間が長いので遅く植え付けても大丈夫です。しかし、遅くても5月下旬までに植え付けてください。

まずは、プランターの中へ培養土を入れ、苗が入る大きさの穴を掘ります。横に長いプランターでは、苗と苗との植え付け間隔は最低でも25cm以上空けるようにします。

また、苗を植え付けた時に、ウォータースペースを確保してください。

ウォータースペースとは、プランター上部から下3cmくらいは土を入れないようにして、水やりの時に一時的に水が溜まるスペースとなる役割をするものです。

私の経験では、新しい培養土を使うと水やりをしても大雨が降っても水が溜まってプランターの上部から水があふれ出たことは1回もありませんが、使い古して固くなった培養土や野菜の根が生長しすぎて土が足りない状態では水が溜まるようになるのでウォータースペースは忘れずに作りましょう。また、いろいろな土を自分でブレンドして使う方もウォータースペースを作って育ててください

次は、ビニールポットから苗を取り出してプランターへ植え替えます。

ビニールポットから苗を取り出す時は、土と根っこを分離せず絡み合ったままの状態で取り出してそのまま穴を掘った所に入れて培養土を被せます。植え替えが終わりましたら、最後に水をたっぷり与えてください。

野菜を一度育てた土を再利用する場合は、苗を植え付ける前にスプーン2~3杯の苦土石灰を土に混ぜ込んで酸度(pH)を調整した後に肥料(有機質肥料や化成肥料)を混ぜ込んでください。

パプリカのコンパニオンプランツのマメ知識
パプリカなどのナス科の野菜とコンパニオンプランツとしてニラを一緒に植えると病害虫の被害を軽減できるといわれています。

パプリカを種から育てる場合はプラグトレーなどを使って発芽温度(20~30℃)となるように場所を選んで温度管理をして育ててください。種から苗を育てて植え付けるまでに2カ月間掛かるので苗を購入した方が時間と労力の節約になります。

スポンサーリンク

水やり

ジョウロで水やり

パプリカの水やりの時間帯は、朝から昼までの間が適していて毎日行ってください。

水の量は土の表面だけを湿らすのではなく、土の下の方まで水が染み込むように、プランターの底の排水用の穴から水が出てくるくらいハス口付きのジョウロでたくさん与えてください。
※ハス口無しのジョウロで水やりをすると土が固まりやすくなるので注意してください。

夏は日なたにプランターが置いてあるとすぐに土が乾燥してしまうので、水やりをする時間帯に関係なく土が乾燥していることに気がついたらその都度水やりをしてください。

パプリカは、土が乾燥すると葉や茎がしおれて花が咲いても落花することがよくあるので注意してください。

追肥

肥料の追肥

野菜が大きく育つにはそれぞれの野菜に適した量の肥料が必要になります。

市販されているほとんどの培養土には元肥といって、あらかじめ土に肥料が混ざっているのでそのまま使うことができますが、パプリカは大きく生長する為に根から肥料の栄養を吸収していますし、水やりをしたり雨が降ると水と一緒に土から肥料が流れ出していって、時間の経過と共に肥料不足になっていきます。

みなさんは、パプリカ作りにチャレンジしてみたけど収穫できずに枯れてしまい失敗したという経験はありませんか?

それは、土が肥料不足になっていたことも原因の1つだと思います。

パプリカに追肥(肥料を追加して補う)をするタイミングとしては、第1花に花が咲いて実が大きくなってきたころです。その頃から1~2週間に1回の頻度で、速効性の液体肥料か緩効性の化成肥料を与えていきます。
※パプリカは肥料を多く吸収するので多めに追肥してください。

液体肥料では原液を水で500倍に薄めて水やりの代わりとして、化成肥料ではスプーン1~2杯を目安としてプランター全体にばら撒くか穴を掘って埋めます。

但し、肥料を適量よりも多く与え過ぎると葉が深緑色で異常に茂ったり、茎の節間が広くなったりして、茎や葉だけ伸びていって実着きが悪くなるので気を付けてください。

肥料の効果が現れるのに時間がかかる有機質肥料は追肥には向いていません。必ず速効性がある液体肥料や緩効性の化成肥料を使ってください。

支柱立て・誘引

パプリカの誘引

パプリカは茎の高さが50cmくらいしか伸びませんので、短めの支柱を立てて茎が倒れて折れないようにひもを使って支柱と結んで支えてください。
※野菜の茎や枝をひもで支柱と結ぶことを誘引といい、8の字の形にして結びつけます。

誘引に使うひもはどんな種類でも構いませんが、茎にキズがつかないビニールひもや麻ひもなどの柔らかい素材のものが向いています。

パプリカは、主枝の生長点(茎の先端部分)を切る必要はなく、いらないわき芽のみを摘み取ってください。

スポンサーリンク

わき芽かき

パプリカの仕立て方

野菜は全般的にわき芽は全て摘み取り主枝のみを伸ばしていく1本仕立てで育てていきますが、パプリカでは初めから伸びている主枝とわき芽1本を伸ばして2本仕立て、又は主枝とわき芽2本を伸ばして3本仕立てとすることが多いです。

わき芽とは、茎と葉の間のつけ根から伸びてくる芽のことです。2本仕立てよりも3本仕立てにした方が収穫量が上がります。

主枝から伸ばしたわき芽から下側のわき芽はすべて摘み取って育ててください。そのまま伸ばすと栄養をわき芽に取られてしまい肝心な実が大きくならなくなります。

生長過程の初期の頃では、わき芽がたくさん伸びてくるので必ず不要なわき芽は摘み取って育てるようにしてください。

わき芽を取ってもらうと実の方に栄養が行くようになるので大きいパプリカに育ちます。

わき芽かき前
パプリカのわき芽かき前

わき芽かき後
パプリカのわき芽かき後

今回の栽培に使ったパプリカでは実が大きくなるので、2本仕立ての場合は収穫量10個、3本仕立ての場合は収穫量15個を目安にしてください。

わき芽は一番初めに咲く花の下側近くのものを伸ばしてください。また、実の重みで枝が折れそうな時は支柱を追加して支えてください。

収穫

パプリカの花

パプリカの苗を植え付けてから1カ月くらい経過すると次々に花が咲きだします。

パプリカは1つの花に雌しべと雄しべがあり、何もしなくても自然に自家受粉するので人工授粉をする必要はありません。

花が咲いた後に実が大きくなっていき、2カ月くらい経過すると黄色に色づいた熟果のパプリカが収穫できます。

パプリカは、実が7cmくらいの長さになったら緑色から黄色に熟した時に収穫する野菜で、晴れた日にハサミで切って収穫してください。

花が咲いて1カ月後のパプリカ
花が咲いて1カ月後のパプリカ

花が咲いて2カ月後の収穫適期のパプリカ
パプリカの実

花が咲いた時に気をつけることは、土が乾燥しすぎると花が落花する恐れがあることです。

また、土に含まれる肥料が少なくなると花が咲いた後の小さい実がすぐに枯れて落果します。多収穫するには、水と肥料を切らさないように管理しましょう。

パプリカ栽培中に起こる様々なトラブル

パプリカの苗が順調に育っていけばいいのですが、生育途中で必ず何かしらの問題が起きることが多いです。

花が咲いた後にすぐ実が枯れるパプリカ
花が咲いた後にすぐ実が枯れるパプリカ

肥料が多いと葉っぱが縮れる
肥料が多いと葉っぱが縮れる

実の汁を吸う小さいカメムシ
実の汁を吸う小さいカメムシ

実の汁を吸う大きいカメムシ
実の汁を吸う大きいカメムシ

パプリカの栽培中によく起きるトラブルや疑問に思うことをまとめましたので栽培時の参考にしてください。

パプリカ栽培のpoint

  • 葉っぱが黄色くなって枯れ出したら肥料が少なく、葉っぱが深緑色で大きくなり節間が広くなったら肥料が多いです。
  • 肥料が多いと生長点の葉が縮れます。
  • 花が咲いてもすぐ落花してしまう時は水が少なく土が乾燥していることが考えられます。
  • 実が小さいまま枯れて落下するのは肥料不足のサインです。
  • 実はカメムシに穴だらけにされますので、殺虫剤を散布するなどの害虫対策をしてください。
  • 土の乾燥が激しいと実が尻腐れという病気を起こして腐っていきます。
  • 花が咲いてから収穫するまで2カ月以上かかります。

(記事作成日:2019年1月13日、最終更新日:2021‎年5‎月20‎日)

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

パプリカの育て方の関連記事